金融車をもつということ~訳アリの車の現状を知る~

金融車とは何か?車を半額で手に入れられる方法

金融車をもつということ~訳アリの車の現状を知る~

自動車

金融車とは?

そもそも金融車とは何かわからない方のために説明します。金融車は、自動車ローンを支払えなくなって手放した車です。新車購入時に多くの方はローンを組んで購入しますが、ローンの支払いが滞ってしまうとローン会社に車を取られてしまいます。

ローン支払い中は自分の車じゃない

あまり知られていませんが、ローンを支払い終えるまで車の所有権はローン会社にあります。ローンを完済すればその後は購入者に所有権が移ります。ですが完済しきれなかった場合はローン会社に所有権がある状態のままになります。支払いが溜まりすぎると差し押さえという形で車自体を取られてしまいます。差し押さえた車は業者に売られます。この車が金融車となるのです。

すべてが担保にされた車とは限らない?

建物を担保にしてお金を借りることが出来ます。それと同じように車を担保にお金を借りることも出来るのです。車を担保にしているので返済が出来ない場合は、もちろん車が差し押さえられます。金融車にはこういった事情を持っていることが多くあるのです。しかし、これは過去の話になりつつあり、最近ではこういった理由で取引されている金融車は少なくなってきています。具体的には、何らかの理由で資金が必要となり、ローンが残っていても売りたいというケースが増えているのです。自身で希望して売るケースが増えているために、全てが差し押さえられた車とは限らないのが現状です。こういった車なら、必要書類も揃っていることが多く、実際に購入する方も増加傾向にあります。

金融車を購入する時に気を付けるべき注意点

no.1

名義変更が出来ない

名義変更をするためには、前の所有者の許可などが必要になります。ですが、それは不可能に近いです。前の所有者は車を手放す際に名義変更の手続きをしていないので、購入しても名義はローン会社か以前の所有者のままになっています。名義変更が出来ないことによりさまざまな弊害が生じてしまいます。

no.2

車検に通らないことがある

車検に通るためには、必要書類が揃っていて、車検の基準に合格する必要があります。ですが金融車の中には必要書類が揃っていないものがあります。そもそもローンの支払いが出来ない人の車だったので、自動車税や違反金の滞納があってもおかしくありません。そうなると必要書類が揃わないので車検に通ることが難しくなるでしょう。

no.3

加入できる保険が少ない

任意保険に加入する場合は、車の所有者と使用者が同じでなければいけません。ですが金融車は所有者がローン会社で使用者が自分となるので、基本的に任意保険へ加入することが出来ません。なので金融車向けの任意保険に入るしかありません。一般的な保険に加入できないということを頭に入れておきましょう。

no.4

永久抹消できない

永久抹消登録は所有者の印鑑証明書と委任状がないとできません。ローン会社や前使用者からこれらの書類を手に入れるのはとても難しいことです。なので永久抹消登録をしようと思って気軽に出来るものではありません。手放したい時は永久抹消登録ができないので金融車専門店に売ることしかできないでしょう。

no.5

金融車専門店にしか売れない

一般的な中古車屋に売ることが出来ません。これは売却に必要となる書類が揃っていないからです。売り出すためには名義変更をする前提なのでそれが出来ない金融車は売れません。ただ、金融車専門店は名義変更が必要ないので売ることが出来ます。

安さが売り

不自由なことの多い金融車ですが、それ越えるメリットがあります。それは、安さです。一般的な中古車を購入するより50%~60%安く手に入れることが出来ます。また、金融車は高級車が多い傾向にあります。なので高級車を半額の値段で手に入れることが出来るのです。ここまで紹介した注意点に気を付けることが出来る方は、金融車を利用してみるといいでしょう。

広告募集中